• ホーム
  • カンジダと性行為の関係は?性感染症だけど性行為経験が無くても発症することも

カンジダと性行為の関係は?性感染症だけど性行為経験が無くても発症することも

女性を診ている医者

カンジダは真菌の一種であり、カビの仲間です。人の体のさまざまな部分に常在していますが、疲れなどによって免疫力が低下する、抗生物質を長く使ったというときに発症することが多いのです。カンジダは性行為感染症と言われていますが、実際のところは性行為が無くても発症することが多いのです。性感染症というイメージが強いですが、このような感染症とは異なり、自己感染が原因であることがほとんどとなっています。

そのためカンジダに感染した場合、性行為経験がなくても発症することは多いです。もともとカンジダ菌自体は膣の中に存在しているものであって、健康であれば増殖することもなく、そこにただいるだけの菌です。ですがストレスや健康状態によってホルモンバランスが乱れてしまうと、増殖を起こし、病気が発生してしまい治療が必要になります。性行為だけが原因ではなく、自分の生活環境や体調、ホルモンバランスの乱れによって生じているので、何度も再発してしまうことも多いです。

もちろん性行為によっても感染はします。特に男性が感染している場合、亀頭部分に少し炎症やかゆみが起こるだけなので、自分でも自覚症状がないことが多く、いつの間にかパートナーにうつしてしまっていることがあるためです。
カンジダ膣炎を起こした人のうち、5%から10%は性行為によって相手から感染していたことがわかりました。感染者と密着する機会やタオルの共用などをしない限り、日常生活の中で感染することはありませんが、カンジダ膣炎になっている間は性行為は避けたほうが良いでしょう。
相手にうつさないということも理由ですが、炎症を起こしている状態であるので、さらに悪化してしまう恐れがあります。もし女性がカンジダ膣炎を繰り返していて、さらに自分には理由が見つからない時、男性側が原因となっていることがあります。そのような場合は、男性にも検査を勧めると良いでしょう。

カンジダ膣炎は常在している菌であるので、何をしていなくても90%は自然発生的に起きています。つまり発症したからと言って性交渉が多いというわけではなく、むしろそれが原因となることは極めて少ないです。

性行為を行っていなくても発症し、さらに感染させてしまうので注意しなくてはなりません。検査自体は簡単に終わりますし、治療も軽度であれば1週間ほどで完治します。カンジダの場合、誰でも起こる症状であることを認識することが大切であり、菌が増殖しないようにストレスをためない、下着の蒸れがおきないといったことに注意するようにします。