• ホーム
  • カンジダの薬は病院処方より通販で個人輸入するのが安価でお得

カンジダの薬は病院処方より通販で個人輸入するのが安価でお得

薬を飲む女性

カンジダ症は膣カンジダ症が有名ですが、皮膚や口腔にもカンジダ菌が増殖し、様々な症状を引き起こします。カンジダ症の場合は、性行為だけでなく体の免疫力や抵抗力が低下したときに増殖を開始し、皮膚や粘膜に感染してしまうため起きてしまいます。常在菌であるので、誰の皮膚にも存在しており、増殖するきっかけさえあれば誰でも発症してしまう症状です。

このようなカンジダの場合、クリームなどの外用剤と内服薬を使用して治療を行っていきます。外用剤ではイミダゾール系のエンぺシド、内服薬ではトリアゾール系のフルコナゾールやイトラコナゾールを使用することが多く、症状が起きた場所によって適した治療薬も数多くあります。現在のところ外用剤のエンペシドクリームと膣剤は市販薬として存在していますが、要指導医薬品となっており、簡単に購入することはできません。薬剤師がいる時間帯に説明を受けて購入することができるようになっています。

膣カンジダ症の場合、激しいかゆみを生じるので早くに治療を開始したいと感じますが、実際に病院にて処方をしてもらうとなると抵抗を感じてしまったり、仕事の都合で診察時間に間に合わなかったりすることがあります。このような場合は個人輸入を代行している通販会社を利用して購入すると良いでしょう。個人輸入代行通販会社においても外用剤のカーネステンクリームや、内服薬のフォルカンなどジェネリックにも対応しています。

日本においては膣カンジダ症に使われるクリームはエンペシドクリームという名前ですが、これは日本で販売される時に限って使用される名称であり、カーネステンクリームとエンペシドクリームは薬の成分も一緒ですし、同じメーカーが製造している外用剤になります。病院で処方してもらう薬と同じものを、安価で購入できるメリットが個人輸入代行通販会社にはあります。

さらに個人輸入代行通販会社では、まとめ買いをすることができ、まとめて購入すればするほど割引率が高くなり、送料も無料になることが多いです。海外から直接自宅へと届くので、発送し届くまでに1週間以上かかってしまうことがありますが、自分の好きな時間に注文することができるので、時間的な拘束もありません。

膣カンジダ症のように再発を繰り返す場合は、ある程度常備しておいた方がすぐに対応することができます。購入や副作用などについては処方されていないため自己責任にはなりますが、再発をするたびに病院に行く必要がないので精神的に楽になりますし、経済的な負担も減らすことが可能になります。